火災予防

住宅用火災警報器の維持管理

「住宅用火災警報器」は万が一火災が発生した時に、正常に作動しなければなりません。

そのためには定期的な維持管理が大切です。

※住宅用火災警報器にも寿命があります。

 古くなると電子部品の寿命や電池切れ等で火災を感知しなくなることがあります。

 10年を目安に新しい火災警報器へ交換をおすすめします。

 

維持管理のポイント

1 ボタンを押す、又はひもを引いて作動確認を行いましょう。

 

 

2 ほこりや汚れ等が付着していたら取り除きましょう。

 

3 住宅用火災警報器にも寿命があります。

  古くなると電子部品の寿命や電池切れ等で火災を感知しなくなることがあります。

  10年を目安に新しい火災警報器へ交換をおすすめします。