火災予防

住宅用火災警報器の設置

 

 

住宅用火災警報器とは

 

住宅用火災警報器は,火災により発生する煙又は熱を自動的に感知し,警報するものです。

住宅火災により亡くなる方を減らすために,消防法が改正され,全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

 

なぜ必要か?

   安全で安心なはずの「わが家」の火災(住宅火災)で亡くなる方は,毎年全国で約1,000人です。

 住宅火災によって亡くなる方の約5割は,「逃げ遅れ」によるものです。 

 

 住宅用火災警報器は火災を早期に感知して,あなたやあなたの家族の大切な「いのち」を守ります!

 

設置時期

(新築住宅)

平成18年6月1日(施行)

(既存住宅)

各市町村条例により,遅くとも平成23年5月31日までを期限として,設置の完了期日が定められています。

※ 福岡市は,平成21年5月31日までとなっており,既に期限が経過しています。設置されていない場合は,早めに設置していただくようお願いします。

 

対象となる住宅

戸建住宅・店舗併用住宅(住宅部分)

共同住宅
   
 

※ 消防法令や特例基準により,自動火災報知設備が設置されていない建物に限る。

設置する警報器の種類

  住宅用火災警報器には,「煙」を感知するものと,「熱」を感知するものがあり,「煙」を感知するものの設置が義務付けられています。

【煙式】

ネジ等で簡単に取り付けることができます。

設置する部屋

※ 数字は図の数字とリンクしています。

1 寝室                             2 階段

 

3階建て以上の場合,上記1・2に加えて

3 寝室がある階から,2つ下の階の階段に設置します。 4 寝室が1階のみにある場合は居室がある最上階の階段に設置します
 

 

1,2,3により,住宅用火災警報器を設置する必要がなかった階で

 

取り付け位置