火災予防

地震

自然災害の中でも最も大きな被害をもたらす地震。地震を感じたら・・・とにかく落ち着いて行動することが重要です。

うちにいるときは

キッチン

キッチンイラスト
揺れを感じた時は、まず火を消すことが第一ですが、大きな揺れの場合は、無理に消そうとせず、テーブルの下に身を伏せて、揺れが収まってから火を消します。

 

寝室

寝室イラスト

布団を頭からかぶって身を守ります。ベッドの場合は、下に潜り込みましょう。
寝ているときの地震は、家具の下敷きになる可能性が高いので、寝室には極力家具を置かないようにし、置く場合には家具を固定しましょう。

 

風呂・トイレ

風呂イラスト  トイレイラスト

風呂場やトイレは面積の割に柱や壁が多いので比較的安全です。建物のゆがみによる閉じこめを防ぐため、ドアを開けて出口を確保します。

 

デパートなど

デパートイラスト  デパートイラスト

デパートやスーパーは落下・転倒物の宝庫です。壁際に身を寄せて、衣類や荷物で頭を守ります。
また、出入口に殺到するとパニックになるので、周囲が落ち着くまで動かず、係員の指示に従います。

 

外にいるときは

街頭

街頭イラスト

窓ガラスや屋根瓦、看板などが落ちてきます。また、ブロック塀や門柱・自動販売機なども倒れてくるおそれがあるので危険です。
建物には近づかず、手荷物で頭を守りながら広場などに避難しましょう。

 

地下街

地下街イラスト

地下街などは耐震性が高く比較的安全な場所です。停電になっても非常用の照明が付くまで動かず壁際に身を寄せます。
停電時は携帯電話の液晶照明などで足下を照らしましょう。

 

運転中

運転中イラスト

急ブレーキは禁物です。ハンドルをしっかり握り、徐々にスピードを落とします。
緊急車両の通行のため、道路の左側に停車し、揺れが収まるまで車外に出ないようにしましょう。


アウトドア

アウトドアイラスト  アウトドアイラスト

海岸ではすぐに高台に避難します。埋め立て地では道路が陥没するなど液状化がおこるので、注意が必要です。
また、山や川では崖崩れ、落石、ダムの決壊などに注意します。