火災予防

住宅火災のポイント

福岡市では建物火災のおよそ7割が住宅火災であり、火災による死者の状況を見ると建物火災による死者のほとんどが住宅火災によるものです。また、これらの死者の約半数が65歳以上の高齢者となっており、今後、高齢化の進展により、住宅火災による死者の大幅な増加が懸念されます。

 

住宅防火のポイント解説イラスト

 

どんなところが危ないの?

 

キッチン リビング 寝室
キッチン
こんろによる火災は住宅火災のほぼ4件に1件の割合で起こっています。
リビング
火災で亡くなられた方の8割が居室からの火災によるものです。
寝室
布団などの寝具類への着火が多くなっています。
浴室 外回り 家庭の中には、様々な火災の危険要素が潜 んでいます。
浴室
空だきが原因で火災になることがあります。
外回り
放火の被害が増えています。