救急情報

気道異物の除去・やけど・熱中症

気道異物の除去

異物(食物など)が口の中や喉などに詰まっている状態(気道閉塞〈へいそく〉)が、強く疑われる場合における異物の除去の方法。

 

1 傷病者に反応(意識)がある場合

傷病者に話しかけても声が出せない状態であれば窒息と判断し、ただちに行動します。
    * 119番通報するよう誰かに頼み、ただちに以下の方法で異物の除去を試みます。
    * なお、傷病者が咳をすることが可能であれば、咳をできるだけ続けさせます。咳は、異物の除去にもっとも効果的です。

 

(1)腹部突き上げ法

    * 腕を後ろから抱えるように回します。
    * 片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のへそより上でみぞおちの十分下方に当てます。
    * その上をもう一方の手で握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。
腹部突き上げ法(ハイムリック法)腹部突き上げ法(ハイムリック法)

 

(2)背部叩打法(はいぶこうだほう)

    * ひざまずいて、傷病者を自分の方に向けて側臥位(そくがい)にします。
    * 手の付け根で肩胛骨(けんこうこつ)の間を力強く何度も連続してたたきます。
    * 背部叩打法には、上記の側臥位のほか、座位や立位による方法もあります。
背部叩打法背部叩打法

 

ポイント

    * 妊婦(明らかに下腹が大きい場合)や乳児に対しては、腹部突き上げ法は行ってはいけません。(2)の背部叩打法のみを行います。
    * 横になっている、あるいは座っている傷病者が自力で立ち上がれない場合は、(2)の背部叩打法を行います。
    * 腹部突き上げ法(ハイムリック法)と背部叩打法の両方が実施可能な状況で、どちらか一方を行っても効果のない場合は、もう一方を試みます。

 

2 傷病者の反応がない場合

反応がない場合、あるいは最初は反応があって応急手当を行っている途中にぐったりして反応がなくなった場合には、ただちに通常の心肺蘇生法の手順を開始します。≫心肺蘇生法についてはこちら

反応がない場合反応がない場合

 

3 子どもの救命処置

乳児に対する気道異物除去の方法

    * 救助者の片腕の上に乳児をうつぶせに乗せ、手のひらで乳児の顔を支えながら、頭部が低くなるような姿勢にして突き出します。
    * もう一方の手の付け根で、背中の真ん中を異物が取れるか反応がなくなるまで強くたたきます。
乳児への背部叩打法乳児への背部叩打法

 

ポイント

   * 反応がなくなった場合は、乳児に対する心肺蘇生法の手順を開始します。救助者が一人の場合は、通常の心肺蘇生法をまず2分間ほど行った後に、119番通報します。

 

 

 

やけど

熱傷(やけど)に対する応急手当

やけど(熱傷)は、熱湯や、炎などに触れたりすると起こります。あまり熱くないものなどでも、体の同じ場所に長時間あたっているとやけど(低温熱傷)になることがあります。塩酸などの化学物質が皮膚についてやけど(化学熱傷)になることもあります。

 

(1)やけど(熱傷)の応急手当の方法

 * 水で冷やす
      やけどは、すぐに水で冷やすことが大切です。やけどを冷やすと、痛みが軽くなるだけでなく、やけどが悪化することを防ぐこともできます。
やけど(熱傷)の冷却やけど(熱傷)の冷却

 

ポイント

    * できるだけ早く、水道水などの清潔な流水で十分に冷やします。
    * 靴下など衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やします。
    * 氷やアイスパックを使って長時間冷やすと、冷えすぎてしまい、かえって悪化することがあるので注意します。
    * 広い範囲にやけどをした場合は、やけどの部分だけでなく体全体が冷えてしまう可能性があるので、冷却は10分以内にとどめます。
    * 小さな子どもや老人は、比較的小さなやけどでも命に関わることがあるので注意します。
    * 火事などで煙を吸ったときは、やけどだけでなく肺が傷ついている可能性があるので、救急車で医療機関に行く必要があります。

 

 

 

熱中症

熱中症に対する応急手当

暑さや熱によってからだに障害がおきることを熱中症といいます。
熱中症は、その原因や症状、程度によって「日射病」、「熱痙攣(けいれん)」や「熱疲労」など様々な呼び方をされてきましたが、厳密に区別することが難しく、最近ではひとまとめにして熱中症と呼ぶことが多くなっています。
重症の熱中症は緊急を要する危険な状態で、わが国でも毎年多くの人が熱中症で命を落としています。

 

(1)熱中症の症状

    * 手足の筋肉に痛みを訴えたり、筋肉が勝手に硬直したりすることが最初の症状になることもあります。
    * 次第に具合が悪くなって体がだるいと訴えたり、気分が悪くなり吐き気がしたり、頭痛やめまいが生じることもあります。
    * 立ちくらみや頭がボーッとして注意力が散漫になるのも典型的な症状です。
    * 意味不明な言動がみられれば危険な状態です。

 

ポイント

    * 大量に汗をかいているうちはまだよいのですが、汗をかかなくなり皮膚が赤く乾いてくると、自分で体温の調節ができなくなり体温が上がってくるので、すぐにでも命にかかわる危険があります。
      呼びかけても反応が鈍いようであれば、緊急の事態ですので、ただちに119番通報の必要があります。
    * 熱中症は必ずしも炎天下で無理に運動したときだけでなく、特に乳児や高齢者はクーラーのない暑い室内や車の中に長時間いるだけでも熱中症になります。

 

(2)熱中症の応急手当の方法

■涼しい環境に避難させる

    * 風通しのよい日陰やクーラーが効いている室内などに移動させます。


■衣服を脱がせ、体を冷やす

涼しい場所に移動したら、体から熱を奪うためにうちわや扇風機で風をあてることが一番効果的です。
    * 風があたるように衣服を脱がせて皮膚を露出し、あまり汗をかいていないようであれば、皮膚に水をかけて濡らしてから風をあてる必要があります。
      このとき、氷水をかけるよりもぬるい水をかけてから風をあてる方が効果的です。
    * 氷嚢など準備ができれば、首、脇の下、太ももの付け根などにあてると冷却の助けになります。
熱中症の冷却熱中症の冷却

 

ポイント

体の冷却はできるだけ早く行う必要があります。
    * 水分、塩分を補給する
      熱中症の傷病者は発汗によって、脱水状態になっているので水分を十分に補うことも重要です。
      汗により水だけでなく塩分も喪失しているので、できれば水だけでなく、少量の塩を加えた水か、もしくは最初から塩分の含まれているスポーツドリンクを飲ませるほうが効果的です。
    * 医療機関での受診
      傷病者が反応が鈍くなり、自分で水が飲めない状態になったときに、無理に飲ませようとして水を口に入れると、誤って肺に入ってしまう危険があります。ただちに119番通報します。
    * 楽な体位にする。
      傷病者の楽な体位をとります。