救急情報

小児、乳児の心肺蘇生法

 

小児に対する救命処置の手順

 

(1)反応を確認する
    * 成人の場合と同じ

(2)助けを呼ぶ
    * 救助者が二人以上いる場合は、一人が心肺蘇生法を開始する。他の人が119番通報し

   AEDを持ってきます。
    * 救助者が一人の場合や、協力者が誰もいない場合には、次の手順に移る前に、まず自分

   で119番通報とAEDの手配をします。

(3)呼吸の確認

    *胸と腹部の動きを見て、「普段どおりの呼吸」をしているか、10秒以内で確認します。

(4)胸骨圧迫
    * 手順は、成人と基本的に同じです。
      圧迫の位置(胸の真ん中)や圧迫のテンポ(1分間に少なくとも100回の速いテンポ)は、

   同じです。
    * 圧迫の強さ(深さ)は、子どもでは体格が違うので胸の厚みの1/3を目安として、十分に

   沈み込む程度に、強く、速く、絶え間なく圧迫します。
      子どもだからといって、こわごわと弱く圧迫しては効果が得られません。
    * 圧迫の方法としては、子どもの体格に合わせて十分圧迫できるのであれば、両手でも

   片手でもかまいません。

(5)人工呼吸(口対口人工呼吸)
    * 成人の場合と同じ

小児への胸骨圧迫(心臓マッサージ)小児への胸骨圧迫

(7)心肺蘇生法の実施(胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを継続)
    * 成人の場合と同じ
 

 

乳児に対する心肺蘇生法の手順

 

(1)反応を確認する
    * 成人・小児と同じ。足の裏をたたいて、刺激することも有効です。

(2)助けを呼ぶ
    * 救助者が二人以上いる場合には、一人が心肺蘇生法を開始し、他の人が119番通報し

   ます。
    * 救助者が一人の場合や、協力者が誰もいない場合には、次の手順に移る前に、まず自分

   で119番通報とAEDの手配をします。

(3)呼吸の確認
    * 成人・小児の場合と同じ

(4)胸骨圧迫
    * 手順は、成人・小児と基本的に同じです。
    * 圧迫の方法は、乳児では2本指(中指・薬指)で押します。
    * 圧迫の位置は、乳児では左右の乳頭を結ぶ線の少し足側となります。
      ○圧迫の強さ(深さ)は、小児と同じく胸の厚みの1/3を目安として、十分に強く、
      ○圧迫のテンポは、成人・小児と同じく1分間に少なくとも100回の速いテンポで、
      ○絶え間なく圧迫し続けます。

(5)人工呼吸(口対口鼻人工呼吸)
    * 呼吸がなければ、成人・小児と同じく、1回1秒かけ、胸が上がるのが見えるまで2回息を

   吹き込みます。
    * 乳児に対しては、「口対口鼻人工呼吸」を行います。
      傷病者の口と鼻を同時に自分の口で覆います。
      もし、同時に覆えないときは、通常の口対口人工呼吸で行います。
乳児への人工呼吸乳児への人工呼吸

(6)心肺蘇生法の実施(胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを継続)
    * 成人・小児の場合と同じ
乳児への胸骨圧迫乳児への胸骨圧迫

乳児への胸骨圧迫部位乳児への胸骨圧迫部位