救急情報

止血・固定

止血

一般に体内の血液の20%が急速に失われると出血性ショックという重い症状になり、30%を超えると生命に危険を及ぼします。

 

直接圧迫による止血

大出血の止血方法としては、出血部位を直接圧迫する止血が基本です。
    * きれいなガーゼやハンカチなどを傷口に当て、手で圧迫します。
    * 大きな血管からの出血の場合で片手で圧迫しても止血しないときは、両手で体重を乗せながら圧迫止血します。
止血イラスト 止血イラスト

 

ポイント

    * 止血の手当を行うときは、感染防止のため血液に直接触れないように、できるだけビニール手袋やビニール袋を使用します。
    * 出血を止めるために手足を細い紐や針金で縛ることは、神経や筋肉を損傷するおそれがあるので行いません。
    * ガーゼなどが出血で濡れてくるのは、出血部位と圧迫位置がずれている。または、圧迫する力が足りないためです。

 

 

固定

1.部位の確認

    * 痛がっているところを聞きます。
    * 可能であれば痛がっているところに変形、出血がないかを確認します。

ポイント

    * 確認する場合は、痛がっているところを動かしてはいけません。
    * 骨折の症状
      (激しい痛みや腫れがあり、動かすことができない。変形が認められる。骨が飛び出している。)
    * 骨折の疑いがあるときは、骨折しているものとして、手当をします。

 

2.固定

    * 協力者がいれば、骨折しているところを支えてもらいます。
    * 傷病者が支えることができれば、自ら支えてもらいます。
    * 副子を当てます。
    * 骨折部を三角巾などで固定します。

 

腕の固定

腕の固定イラスト腕の固定 前腕部の固定イラスト雑誌を利用した前腕部の固定
三角巾などで腕をつるイラスト三角巾などで腕をつる

 

足の固定

足の固定イラスト足の固定
ダンボール等を使用した下肢の固定イラストダンボール等を使用した下肢の固定

 

ポイント

    * そえ木は、骨折部の上下の関節が固定できる長さのものを準備します。
    * 固定するときは、傷病者に知らせてから実施し、顔色や表情を見ながら固定します。