救急情報

応急手当市民サポーターになるために

1 応急手当普及員講習を受講

消防局で毎月実施している「応急手当普及員講習」を受講し,

「応急手当普及員」の認定を受ける。

 

2 登録申請書を救急課へ提出

「応急手当市民サポーター登録申請書」,「口座振替依頼書」を消防局救急課へ提出

※様式は消防本部救急課,各消防署に備えています。 

ダウンロードはこちらから

応急手当市民サポーター登録申請書  口座振替依頼書

3 研修会を受講

 

制度の概要や講習体制・言動・服装等について講義                                   

  職員から指導要領等の説明                  マンツーマンでの指導実技トレーニング

 

※研修時間は3時間で約45分の講義の後,実際に行う救命講習カリキュラムに基づき,応急手当市民サポーターとして担当する部分の指導実技トレーニングを繰り返し行います。

※応急手当市民サポーターになるためにはこの研修会が必須となります。

4 登録証発行

研修会を受講し,今後「応急手当市民サポーター」として活動に参加する方に「応急手当市民サポーター登録証」を交付します。

5 活動開始

  消防局から応急手当市民サポーターとしての活動参加依頼に基づき,以下の講習及び事業に参加していただきます。

1 消防署や公民館等で開催している救命講習(普通救命講習Ⅰ 「3時間」)及び自 主防災訓練での救命講習(3時間未満の講習)
2 応急手当の普及啓発に関する事業