救急情報

救急車の適正利用にご協力下さい

 

ポスター「本当に救急車が必要ですか?」

  救急車の利用増加が全国的な問題となっており,本市においても10年前と比べ,約1.3倍に増加しています。
 消防局では,市医師会や福岡市病院協会の協力を得て,平成15年から全国に先駆け,ポスター・チラシを作成し,市民のみなさまに救急車の適正な利用について呼びかけを行っておりますが、依然として救急車をタクシー代わりに利用したり、二日酔いで頭が痛いからといった緊急性の低い救急要請も見受けられます。
 救急車を呼ぶ前に,本当に救急車で病院に行かなければいけないのか,もう一度考えてみてください。
 生命に危険がある方を待たせることがないよう,引き続き,ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 福岡市消防局は,福岡市内に居住又は通勤,通学されている方から,救急車の適正利用に関するポスターのデザインを公募しました。
 この募集で117作品の応募があり,この中から最優秀に選ばれた作品をもとに,新しいポスターを作成しました。

最優秀賞に選ばれた「安田 浩平(やすだ こうへい)さん」の作品をもとに救急車適正利用のポスターを作成しました。
平成23年度から,市内の公共施設等に配布,掲示しています。

 

救急車利用マニュアル A guide for ambulance services