大切なお知らせ

消防設備士免状を保有されている全ての方へ

消防設備士は都道府県知事が行う消防用設備等の工事又は整備に関する講習を定期的に受けなければならないとされており,現在消防用設備等の点検,工事などの業務に従事しているか否かにかかわらず,定期的に講習を受講する必要があります。

 消防設備士は,免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内に再講習を受けなければなりません。また,消防設備士は,再講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内に再講習を受けなければなりません。
この事に関する関係法令は,以下の通りです。


(消防設備士講習)
消防法第17条の10
 消防設備士は,総務省令で定めるところにより,都道府県知事(総務大臣が指定する市町村長その他の機関を含む。)が行う工事整備対象設備等の工事又は整備に関する講習を受けなければならない。

(講習)
消防法施行規則第33条の17
 消防設備士は,免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内に法第17条の10に規定する講習を受けなければならない。

2 前項の消防設備士は,同項の講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内に法第17条の10に規定する講習を受けなければならない。当該講習を受けた日以降においても同様とする。

3 省略

一覧へ戻る