消防局について

福岡市消防局のあゆみ

福岡市消防局福岡市の消防は、明治6年、福岡部に第1番組(33人)、博多部に第2番組(122人)の2公設消防組が創設されたことにより大きな第一歩がしるされました。
幾度かの改組、変遷の後、昭和23年3月「消防組織法」の施行に伴い、従来の官設消防の人員と施設を引き継いで福岡市消防本部及び福岡消防署が発足、現在 は、7行政区にそれぞれ1消防署を配置しています。

 

福岡市の概要

福岡市は、北に玄界灘を臨み、志賀島へ通ずる海の中道と糸島半島が抱く博多湾に面した福岡平野の中心に位置しています。当市は、明治22年市制を 施行、昭和47年に政令指定都市となり、現在7行政区に人口152万人(平成27年4月1日時点)を擁し、西日本の政治、経済、文化の中心としてますます中枢管理機能を高めながら自然と調和した人間味あふれる文化の香り高い国際都市をめざし、たゆみなく発展を続けています。