消防局について

消防団活動の重要性

消防団活動の重要性

■地域の防災力向上の必要性

防災訓練画像我が国は、その位置、地形や気象などの自然条件から、地震、台風、豪雨、火山の噴火などによる災害が発生しやすい環境にあります。 阪神・淡路大震災において、消防団は、消火活動、要救助者の検索、救助活動、給水活動、危険箇所の警戒活動など、幅広い活動に従事しました。特に、日頃の地域に密着した活動の経験を活かして、倒壊家屋から数多くの人々を救出した活躍にはめざましいものがありました。こうした活動により、地域密着性や大きな要員動員力を有する消防団の役割の重要性が再認識されました。
災害が大きければ大きいほど、常備消防を始めとする防災関係機関自身が被害を受け、災害対応に支障をきたす場合があるうえに、救助、救援活動において迅速に対応を行ったとしても広域的な応援には時間を要することから、発災直後の初動期における地域住民相互の助け合い、人命救助や初期消火への努力が被害の軽減につながることになります。
例えば、日頃から消防団を中心に行政機関と住民による自主防災組織との緊密な連携があった淡路島の北淡町では、激震地であったにもかかわらず、被害は最小限に抑えられました。これは、消防、警察、自衛隊などが本格的に機能する前段階などにおいては、住民自らが主役となって防災活動を行うことの重要性を示しています。

 

■消防団の特性とその発揮

消防団は、大規模災害時をはじめとして、地域の安全確保のために大きな役割を果たしています。常備消防とは異なる特性や役割を踏まえながら、今後の消防団のあり方を考えていかなければなりません。
消防団の機能には、次のような特性があります。
1. 普遍性
消防団は、全国各地に存在し、いかなる場所で災害が発生しても即座に対応することが可能であること。
2. 地域密着性
消防団員は、地域の住民で構成されているため、地域とのつながりが深く、地域の各種事情に精通していること。
3. 即時対応力
消防団員は、定期的に教育訓練を受けており、消防に関する知識・技能を有していること。
4. 多面性
消防団員は、単に消火活動を行うのみならず、火災予防方面でも住民指導・巡回広報等を実施し、また、風水害及び地震等の自然災害のほか捜索や各種警戒にも 従事すること。
5. 要員動員力
全国で約88万5,000人と、消防職員の約6倍強の人員を有し、大規模災害時には豊富な動員力により災害活動にあたることができる。
6. 広域運用性
消防団は大規模災害時には、相互応援協定などにより、その管轄区域を越えて広範囲な活動を行うことができること。